発表文献リスト

 
 
査読付き論文・会議
その他の論文・記事
口頭発表

査読付き論文・会議
Toshiharu Sugawara, Satoshi Kurihara, Toshio Hirotsu, Kensuke Fukuda and Toshihiro Takada, "Case-Based Approach to Selecting Abstract Plans in Multi-Agent Systems," Workshop Proceedings of the Seventh International Conference on Case-Based Reasoning (ICCBR'07), ISBN 978-1-85923-222-4, pp. 69-78, (August 13-16, 2007)
Toshiharu Sugawara, Satoshi Kurihara, Toshio Hirotsu, Kensuke Fukuda and Toshihiro Takada, "An Effective Selection of Abstract Plans for Multi-Agent Systems," Research and Development XXXIV, Springer, pp. 223-236, (December 10-12, 2007)
高橋謙輔, 菅原俊治, "センサー間の隣接関係の自動推定の高精度化," FIT2008予稿集(査読付き), 電子情報通信学会/情報処理学会, 慶應大学, September, 2008.
Kensuke Takahashi and Toshiharu Sugawara, "Estimation of Sensor-Network Topology from Time-Series Sensor Data using Ant Colony Optimization Method," Proceedings of IEEE Swarm Intelligence Symposium 2008, pp. 1-8, St. Louis, Missouri, (September 21-23, 2008).
高橋謙輔, 菅原俊治, "フェロモンモデルを用いたセンサーネットワークトポロジーの自動推定," エージェント合同シンポジウム (JAWS2008)論文集, pp. 461-468, 日本ソフトウエア科学会、電子情報通信学会、人工知能学会、情報処理学会共催, 大津, (Oct. 29 - 31, 2008).
Satoshi Kurihara, “Human Behavior Mining using Sensing Network”, The First International Workshop on Contents Creation Activity Support by Networked Sensing (CCASNS), pp. 1-3, 2008.
Nagayoshi Yamashita, Koichi Moriyama, Masayuki Numao, and Satoshi Kurihara, "Web Page Classification Based on Structural Equivalence." Proc. of 5th International Conference on Information Technology and Applications (ICITA). Cairns, Australia. June 2008.
Mitsuhiro Matsumoto, Ryozo Kiyohara, Hidenori Fukui, Masayuki Numao, and Satoshi Kurihara. "Proposition of The Context-Aware Interface for Cellular Phone Operations." Proc. of Fifth International Conference on Networked Sensing Systems(INSS 2008). Kanazawa, Japan. p. 233. June 2008. 
山下長義, 森山甲一, 沼尾正行, 栗原聡. リンク構造に基づいたwww からのトピック抽出. 情報処理学会論文誌数理モデル化と応用(2008 年6 月26 日採択,印刷待ち).
Hiroshi Tamaki, Ken-ichi Fukui, Masayuki Numao, and Satoshi Kurihara, “Pheromone Approach to the Adaptive Discovery of Sensor-Network Topology”, 2008 IEEE/WIC/ACM on Intelligent Agent Technology, pp. 41-47, December, 2008. 
Koichi Moriyama, Mitsuhiro Matsumoto, Ken-ichi Fukui, Satoshi Kurihara, and Masayuki Numao. "Reinforcement Learning on a Futures Market Simulator." Journal of Universal Computer Science. 14 (7). pp. 1136-1153. June 2008.
Ryozo Kiyohara, Mitsuhiro Matsumoto, Satoshi Mii, Naoki Shimizu, Masayuki Numao, and Satoshi Kurihara. "Context-Aware Middleware for Mobile Phone Based on Operational Logs." IEEE International Conference on Consumer Electronics (ICCE 08). Las Vegas, Nevada, U.S.A. Jan 2008.
その他論文・記事
栗原 聡. "センシングネットワークと人間行動マイニング." 人工知能学会誌. 23 (5). pp.611-616. Sep 2008.
西村 拓一, 栗原 聡. "特集「センシングネットワーク:要素技術編」にあたって." 人工知能学会誌. 23 (5). p. 589. Sep 2008.
西村 拓一, 栗原 聡. "特集「センシングネットワーク:目的指向編」にあたって." 人工知能学会誌. 23 (5). p. 445. Sep 2008.
中島 秀之, 栗原 聡. "特集「繫がりの科学」にあたって." 人工知能学会誌. 23 (5). p. 629. Sep. 2008.

口頭発表
高橋謙輔, 菅原俊治,“時系列センサーデータを使用したセンサー間の隣接関係の推定法の提案," 知能と複雑系研究会(情報処理学会・電子情報通信学会)主催,(札幌)(2008年3月6日)
本田誠一、森山甲一、沼尾正行、栗原聡、多ゴールが非同期に発生する環境下における実時間リアクティブプランニング法の研究、第22回人工知能学会全国大会(旭川)、2008.
森下達夫, 廣津登志夫, 福田健介, 菅原俊治, 栗原聡, "ユビキタスプロトコルアナライザの設計と実装," マルチメディア・分散・協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2008), pp.1935-1939, (札幌) (2008年7月9〜11日)
森下達夫, 廣津登志夫, 福田健介, 菅原俊治, 栗原聡, "ユビキタスコーパス作成支援環境の実装と評価," 情報学ワークショップ(WiNF 2008),pp.111-116, (名古屋大学) (2008年9月25〜26日)
西谷信之介,廣津登志夫,福田健介,菅原俊治,栗原聡,”環境の変動に自動追従する省電力情報収集基盤,” マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSワークショップ2008) ポスターセッション, (萩) (2008年12月10〜12日),[ベストポスター発表賞受賞]
福井 秀徳、森田 哲郎、岡野 真一、沼尾 正行、栗原 聡、ファイルネットワークに基づいた情報の抽出と可視化、第22回人工知能学会全国大会(旭川)、2008.
松本光弘、清原良三、福井秀徳、沼尾正行、栗原聡、ユーザのコンテキストから携帯電話の操作を予測するシステムの構築と評価、第22回人工知能学会全国大会(旭川)、2008.